手提げ袋を作る

手提げ袋を自作してみるなら

市販されている手提げ袋の中で好みに合うものが見つからないなら、自宅で作ってしまうのも良い方法です。大まかではありますが、材料や作り方や知っておくと良いことを説明しているので、覚えておくと便利です。

まずは材料をそろえる

子供に持たせるものや自分が使うために、手提げ袋がいくつかあると非常に便利です。ところが大きさや柄、ポケットの数、中に仕切りがあるのかないのか、取っ手の手触りなど意外と自分の好みにぴったりと合うものを探すのは難しいです。それに良いものを選ぶとそれなりに値段も高くなるため、それなら自分で作ってみると良いでしょう。経験がなくてもいくつかあるポイントを抑えておけば簡単にできます。
まずは材料ですが、表と裏に使う生地と、取っ手になるものがあれば作れます。あとは好みですが、ワッペンはメーカーによっては取り付けるのが簡単なものが売られていますし、幼稚園などでは他のお友達の手提げ袋との区別がつきやすくなるので重宝します。

作り方について

布を広げてみて、両サイドに取っ手を仮止めしてみます。この時は別に縫い付ける必要はないので、安全ピンで留めておいても構いません。大切なのは中央になっているのかどうかで、少し離れて見る方が確認しやすいです。そして布を半分に折ってみて取っ手が重なれば成功です。
再び広げて今度はその上に裏地になる布を置きます。この時にやっておくと良いのが、裏生地は表生地よりも少しだけ外側に出しておくことです。縫い代が多めになっていると、手提げ袋はきれいに仕上げることができるからです。それから縫ったところはアイロンをかけておくとその後の作業がやりやすくなります。
あとはまた半分に折って縫い合わせて、取っ手をしっかりと固定すれば完成です。

ちょっとしたコツ

手提げ袋を手縫いでやっても良いのですが、慣れている人でもなかなか大変なので、ミシンがある方が望ましいです。だからと言って、デニム生地のような分厚いもので手提げ袋を作るわけではないなら、簡易なもので問題ありません。最近では手の平サイズのミシンもあるなど種類が多いので、予算に合わせて選んでおきたいものです。
それから生地を切るのが難しそうだと考える人もいるでしょうが、多少は曲がっていても支障はないですし、切り口を内側にして縫ってしまえば気にならないです。シューズなどの軽いものを入れるための手提げ袋なら、裏生地がなくても破れる心配が少ないため、表生地だけで仕上げておけばさらに費用が安くてすみますし、作るのも簡単です。