耐久性のある手提げ袋

シーンにぴったりの手提げ袋を探してみませんか

手提げ袋は素材やデザイン、サイズなど様々なものがあります。封筒代わりに使ったり、ギフトのラッピングにしてみたり、エコバッグとして使うなど用途も様々応用できて便利です。小さいお子様がいるご家庭ならシューズ袋やデイリーバッグとしても活躍してくれます。

手提げ紙袋編

手提げ袋を紙袋に絞って検討してみると横長、縦長、サイズもデザインも素材も選び放題です。紙袋として便利なのはカタログや書類用としてぴったり収まるので便利ですし、そのままメール便として送れるサイズになっていたりします。まち広タイプならごちゃごちゃしたものをばさっとひとまとめにしてもスリムに見えます。ブランドショップやジュエリーショップの紙袋は素材がしっかりしていてデザイン性も高いので出しっぱなしにしておいてもおしゃれに見えますし、ギフトの品質をさりげなくアピールしてくれます。高密度PEなら濡れたものを入れても漏れませんし、悪天候の日でも安心して持ち歩けます。平紐クラフトはどこか懐かしい、いかにも紙袋といった風合いが魅力です。

手提げ不織布編

手提げ袋として多用されているのが不織布です。マチがあって丈夫ですので重いものも入れられます。カラー、サイズ、寸法ともにバリエーションが多く、ポリエチレンやラミネート加工、ビニールなどの代わりに配布用として利用されています。使わない時には小さくたたんで持ち歩けますし、軽いので便利です。絵画スケッチや教本などを入れておく大型のサイズや底まち付のファスナーバッグやスクエアトートバッグなども発売されています。ドレスや衣装のバッグやランドリーバッグとしても活躍してくれます。ピローバッグとして枕の収納にも使えます。消臭クリーンバッグならジムエクササイズ用として使えますし、ワインバッグや保冷ランチバッグも不織布で作られているものが登場してきています。

手提げ巾着袋編

入園、入学で必要になるのがトートバッグや巾着といった手提げ袋です。レッスンバッグ、シューズバッグ、体操着入れ、通園バッグなどが必要になります。キルティング素材は丈夫で軽く、汚れても洗いやすく乾きやすいので人気です。キッズジュニアのショップやプチプラのファッションショップで気軽に購入できますし、ギフトとしても最適です。汚れが移りにくいように裏がラミネート加工になっていたり、内ポケットがついていたり、巾着には持ち手がついていたりと使い勝手を考えてデザインされているうえ、見た目はハンドメイドに見えるのがポイントです。水玉や帆布を購入すれば家族全員ユニセックスで使えます。巾着の小ぶりのサイズならお弁当袋としても活躍してくれます。リバーシブルなら気分に合わせてデザインを変えられるので便利です。